投資顧問も注目する電力自由化の流れと森精機

世界的に叫ばれる環境保護と省エネルギー社会の実現というテーマをもとに、日本においても、さまざまな動きが巻き起こってきています。そんな中において、太陽光発電や風力発電などといった自然エネルギーの活用とともに、脚光を浴びる存在になっているのが、電力自由化に向けた取り組みです。この電力自由化については、従来の東京電力などのいわば、国家が大きく関与する企業の独占状態にメスを入れる動きとして、注目が集まっています。一つの企業による独占は、価格競争が起こらないために、結果として、企業の旧態依然とした経営が続くとして、懸念の声があがっていました。そんな中、2011年3月に発生した東日本大震災の原発事故が大きな転機となり、電力自由化の動きに拍車がかかってきたのです。代表的な会社としてあげられるのが、森精機であり、今後の株価値上がりも期待できるとして、多くの投資顧問からも注目を集めています。元々、着実な経営で知られている森精機は、多くの投資家からも注目をされており、今回の新しい分野への参入には、大きな期待の声があがっています。電力自由化に乗り出すにあたり、ドイツで活躍している会社の電池をとり入れることなども明らかにしており、今回の取り組みに対する並々ならぬ覚悟を感じ取ることができます。電力自由化というテーマにのって、多くの上場企業が参入の意欲を見せている中でも、投資顧問がここまでの熱い視線をおくるのは、森精機の他にはないといわれるほどに注目度が増してきています。むろん、これだけ多くの投資顧問が取り上げるのは、森精機の取り組みが単なる一過性のものではなく、確固たる流れの中で生まれたことに起因しているのです。

トップページへ