誇大広告で契約させようとする投資顧問サイトは危険

投資顧問は慈善活動として株取引に効果的な情報を提供してくれるわけではなく、報酬をいただくことを目的として相談に乗ります。報酬と引き換えに有益な情報を惜しげも無く提供することになりますが、自身の懐を肥やしたいだけの投資顧問も少なくはありません。投資顧問サイトに誇大広告を掲載して、依頼者の射幸心を煽っていることも珍しくはないからです。報酬を支払う立場からすれば迷惑極まりないのですが、一向に後を絶たないのは僅かな可能性に希望を抱く人が多いことが原因です。
顧客のリスクが高まるような誇大広告が確認できる投資顧問サイトには、説得力が高い文章も掲載されていることが多々あります。大々的に誇大広告を掲載しているだけでは、誰からも信用してもらえることはありません。その一方で、根拠となる情報があれば話は別です。誰もが納得できるような説明文章も一緒に掲載されているのであれば、広告が誇大表現を用いているとは考えにくくなります。その結果、投資顧問サイトの誇大広告を信用しきってしまい一切の利益も得られないまま後悔してしまうというわけです。
誇大広告を行わないという部分で最近信頼しているのがジャパンストックトレードですね。ここでは詳しくは割愛しますがジャパンストックトレードの情報まとめに詳しく情報が掲載されています。信用に足る投資顧問のようです。
人の心理状況を漏れなく把握していることは、顧客の利益を考えていない投資顧問サイトの特徴です。心の片隅にでも誇大広告である可能性が高いという考えを持っていても、冷静な心理状態でなければ悪質な投資顧問サイトの餌食になってしまうことがあります。人が冷静さを失うのは、悲しみや怒りが心を支配しているときです。誇大広告を好んで掲載する投資顧問サイトは、利用者の怒りの感情に働きかけます。未だに儲けが出ていないことに対しての挑発など、閲覧した人の感情を逆撫でするような煽り文句を公開していことが多いです。結果として、利用者は正常な判断力を失い誇大広告に望みを託してしまいます。
▼失敗を成功に変える、たった3つのこと
株で失敗する人・成功する人
▼おすすめの投資顧問
投資顧問

トップページへ